漆と現代の暮らし
urujyu 宮崎 愛

 

 urujyuの漆器は未来の暮らしに漆の文化を伝える漆器でありたいと思っています。
使い込むほどに美しく変化し、愛着を感じる漆の器。古くから日本の文化として育まれてきた漆を、今を生きる作家の手を通してこれからの未来へも伝えたい。 そのために、urujyuは伝統的な材料と技術を使い、現在の暮らしに自然に溶け込む漆の器を作っています。

      宮崎 愛 さん

 

 現代のライフスタイルに溶け込む、伝統「京もの」 京都市が主催する「京ものユースコンペティション」にて準グランプリ受賞に京漆器の伝統産業技術を守りつつ、新しいアイディアでモノづくりをする若手人材として選出されました。
現在、京都駅ビルや東京で行われる展示販売会への出展など、市の支援を受けて幅広く活動さ れています。