会社理念

代表からのメッセージ

 

 

 

 趣園 〜おもむきと味わいのある異国的な街と公園〜

 

趣園には この様な意味がございます。

 

世界では2大産地である一宮市のウールをベースに、趣園は 『BISHU』から古き良き物と現代の美学を織り上げる機織の織機は どれだけ文明が発達しても、『ションヘル』を現役で操る方々の真心を織物にした生地が、日本の織物の原点であり本物のメイドインジャパンである事を学ぶと共に、海外に向けて創出を考えています。  

 

私達の事業は、ただ販売したり、物作りをするのでは無く日本の伝統を守り続ける 希少な職人さんの経験と豊富な知識と日本人が持つ『作り続ける、維持し続ける一本筋の通った精神と真心』によって作り出される 全て『本物』であり本物を形にする『極み』を大切にしながら文化交流と伝統を伝える様に趣園は心がけています。

 

日本人の心が映しだす手先の技術は誇り高く 本物を極める事が 常に『常識』 真の匠の精神と歴史の中で奏でる作品は、今も世界の様々な国から その、匠の文化と本物に触れたくて日本を訪れます。

 

そんな 日本の職人さんと触れ合い、古き良き物を守りながら、人と人との繋がりと出会いを大切にして 海外の1人でも多くの方々に 日本の素晴らしさに触れていただき 生活の中にとけ込む『癒し』と『安心』のアイテムを沢山ご紹介したいです。

 

決して、大量生産はいたしません 安売りもしません。 

 

それは 伝統工芸師の方々含め 職人さんの人生の経験と、その方にしか作り出せない『才能』が作品になった 言わば『お金では買えない価値』がそこに息づいているからです。

 

日本人すら忘れかけている、『職人さんの手仕事に触れる為の訪問・人と人との出会い』を怠らず、一緒に訪問し何の蟠りも無く 純粋に日本の文化を誰よりも深く学び より良く海外へそして、中国へ伝えてくださろうとする方々に私は巡り会い そして会社を設立させていただきました。

 

 日本製である付加価値を一番に理解してくださり、支援し、出資をしてくださった nissis 沈社長 ㈱ワールドリンク 高社長  に深く感謝いたします。

 

中国人である御二方の大きなお力と支えが 『文化や人種を超えた取り組み』を、現実にさせてくださいました。

 

そして、日本人である 私や私を支えてくださる多くのメンバーに 希望を託していただけた事を深く感謝いたしております。

 

中国の方々に支えていただきながら また 違った形で国内含め、海外に向けて貢献出来たらと趣園は考えております。

 

㈱趣園という〜趣と味わいのある 異国的な公園へ〜 沢山の方々に、遊びに来ていただき 製品に触れて 一緒に楽しみながら 国内生産のウールの生地を取り入れてオリジナルの製品を企画・製造をしていただきたいです。

 

趣園を通して 尾州(愛知県一宮市)のウールの生産技術を生かして 国内そして海外含め 何か大きな変化が起きる事を信じています。

 

㈱趣園と末永くお付き合いいただけます様 何卒、宜しくお願い申し上げます。

  

                                          

  

                                                                     ㈱  趣 園    代表  山中 忍