天目作家
古谷 宣幸

 

信楽で陶芸一家に生まれ育った古谷さんの作品には、焼き締、粉引、白磁などがあり、時には海外の土と釉薬を使った意欲作も。色んなラインがあります。 その中で古来唐物として到来した鉄釉(天目釉)の茶碗を、日本では天目茶盌と称し、貴人にお茶を献上するために大切に用いられてきました。天目釉を用いる事や、鼈口と呼ばれる2段の口作りと小さめの高台という約束事もさることながら、盌の持つ品格こそが天目茶盌たらしむる要件だと考えます。普段粉引と黒釉を作る古谷宣幸氏が、「趣味で作っています」と戯れに見せてくれたのは、品格を保ちつつ、使ってみたいと思わせる天目茶盌でした。すっとした形でありながらどこか優しい。薄くひいた天目形の茶盌にたっぷりと鉄釉がかかり、艶やかな漆黒の上を銀河の
ように煌きが拡がる。光は見る方向によって表情を変え、揺れる。大学時代から、天目をライフワークと位置付け制作してこられた古谷氏ですが、若き陶芸家の作品は、清々しく凛とした若き天目茶盌として是非手にとってご覧いただきたいと思います。

      作家 古谷 宣幸 さん

 

 1984年、信楽に生まれる。
 2003年、信楽高校 デザイン科卒業。
 2005年 京都嵯峨芸術大学短期大学部

       陶芸コース卒業。
 2007年 アメリカ・コロラド州アンダーソンランチ

       アートセンターにて作陶。

       同年、滋賀県立陶芸の森レジデンス

       アーティストとなる。
 2008年 デンマーク・スケルツコーにて作陶。
 2009年 岐阜県土岐市花の木窯にて作陶。

       オーストラリア・シドニー

      New friends Arts and Adventure a

      ceramic Art Exhibition 出展。