越前創作和紙
杉原商店

 

 福井県の今立地区(現在の越前市)にある「越前和紙の里」は、約1500年という長い歴史を誇る越前和紙の産地。襖紙や奉書紙など紙の匠たちが生み出してきた数々 の銘品は、日本を代表する高級和紙として高い評価を得てきた。この地で和紙問屋を営んできた杉原商店は、さまざまなアプローチで「新しい越前和紙の形」を 提案。古き良き伝統を守りつつ、未来を切り拓こうとしている。ユネスコが「和紙 日本の手漉和紙技術」を無形文化遺産に登録して以来、和紙への関心が高まっている。保存会が存在しないため登録対象からは外れたが、歴 史の長さと品質の高さ、高度な職人技術で忘れてならないのは、福井県の越前和紙。2014年には越前の紙漉き道具が国内で唯一、国指定の重要有形民俗文化 財に登録されている。和紙の産地は日本各地に点在しているが、1500年もの伝統を受け継ぎ、神社を建てて紙祖神を奉っている産地はここしかない。

      十代目店主 杉原 吉直 さん

 

 「そもそも、越前は幕府に納める公文書用紙を作っていたところ。和紙の生産・流通を取り仕切る“紙座”が置かれた特別な地域だったのです」和紙の製法自体は産地によってさほど大きな違いはない。違いが出るのは処理の仕方や職人の技術だ。 「和紙の世界では現在人間国宝が3人。越前にはそのうちの一人、岩野市兵衛さんという紙漉き職人の方がいます。この人は機械を使ったり工業的な手法を用いたりせず、奈良や平安の時代から続く漉きの技術を守り続けている。おそろしく手間のかかる、神業のような仕事ですよ」 こうした高度な技術を持つ手漉き職人を筆頭に、越前には約30名の伝統工芸士がいて、それぞれが襖紙、奉書紙、版画用紙、壁紙などの製品分野で腕を振るっている。