織部の器の美しさ
作家 黒木泰等・高木志保

 

 京野菜の産地としても知られる亀岡に工房を構え、ギャラリーに並ぶのは、対照的な白いうつわと黒うつわ。どちらも鉄分がかなり含まれた信楽の土から生まれています。 陶芸家夫婦の黒木泰等さんと高木志保さん。

お父様も陶芸家、お母様は絵付けと陶芸一家の中で作陶に励んで います。 黒木泰等さんは織部の焼き物を、奥様の高木志保さんは料理人からのオーダーも多い、職住が一体になった環境のもと、うつわを造る。

黒木泰等さん

 京都市の隣、亀岡という所で織部、飴釉、灰釉などの器を作っています。日常の暮らしの中、その場の空気が少し上品で華やいだり、実際に使われる時のイメー ジを大切に、使いやすく、縁の口当たりや、手に取った時軽く扱いやすい、それでいて心があたたかくなるようなモノを目指しつくっています。

1981年

京都府亀岡市生まれ

1999年

京都市立銅駝美術工芸高等学校・彫刻科卒業

2001年

奈良芸術短期大学・立体環境造形コース卒業

2002年

京都府立陶工高等技術専門校・成形科修了

2003年

同校研究科修了、原口卓士氏に師事

2006年

亀岡にて独立

高木志保さん

 京都の亀岡で土物の器を作っています。 貫入の釉、鉄釉を中心に、すっきりとしたラインにこだわって作っています。 料理を盛りやすく、美味しそうに見える…そんな、毎日使える、使いたくなるような器を作っていきたいと思っています。

1977年

奈良県吉野生まれ

2001年

京都教育大学教育学部 特修美術卒業

2002年

京都府立陶工高等技術専門学校 成形科修了

2003年

同校研究科修了

京都伏見にて冨部伸造氏に師事

2008年

亀岡にて独立