金属を叩く技術
シマタニ昇竜工房

 

 「syouryu」は、明治42年創業以来、寺院用のおりんを専門に製造しているシマタニ昇龍工房の自社ブランドです。当工房は、全国に10人に満たない「おりん職人」が3人おり、「金鎚で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでおりんを制作しています。この「金鎚で叩く」技術により生まれてくる新しいアイテムを今後も作り続けていきます。「高岡らしく、鍛金職人らしく、そして生活の中で使うことのできる新しいプロダクトを作る」
その考えが新ブランド・新商品の誕生へとつながりました。「すずがみ」と名付けたその商品は、その名の通り、紙のように薄くて自由に曲げることのできる新しい錫商品の提案です。圧延された錫の板を繰り返し金鎚で叩くことで、模様を付けるだけではなく、繰り返し曲げることに耐えられる強さを備え付ける、鍛金職人ならではの商品となりました。金属なのにスーッと自由に曲がる、すずがみの新しい感覚をお楽しみください。

     四代目 島谷 好徳 さん

 

 独特なブランドsyouryuのロゴの意味は「かならず叩いたものを商品として世の中に送り出したい」という島谷氏の想いから、商売道具の金槌をモチーフにした。 すずがみは自由に形を変えられるという商品。「食卓に1枚あることで、家族の会話が弾んだり、子どもが曲げて遊んだりといろんな楽しみ方をしてもらたいですね。」と願う島谷氏。もともと冷たい印象を受ける金属を叩くことで生まれるぬくもり。島谷氏の創りだす「すずがみ」には、美しく変化するフォルムとともに、無限の夢が詰まっている。